ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


ラベリングの重要性

この記事をシェアする:

先日、ある企業様のユーザビリティテストをさせていただいた際に、洗い出された問題点と解決法です。

名称未設定-1

 

1年程前に購入した製品が動かなくなりました。
突然のことで原因がわかりませんので、問い合わせてください。

テスト結果

製品に関する問い合わせをするフォームの前ページまでは、複数の被験者が到達できました。しかし、初回到達時に製品問い合わせフォームにリンクするボタンを押したユーザーはいませんでした。
最終的に戻ってきて、リンクボタンを押したユーザーは数名いらっしゃいました。

被験者の声

このページには「修理依頼」というボタンしかなかったので、問い合わせは別にあると思いさがした。
「修理依頼」は、クリックしたら依頼をしなければならずに、お金がかかると思った。

改善策

ボタンの「修正依頼」というラベリングを、「修理のご相談」に変更。

20100915-115941-2249

今度はリンク元ページに到達したみなさんに押していただけました。
ボタンのラベリングに限らず、リンクテキストやナビゲーションなど、1つ1つのワードに対し、ユーザーがどのように感じるかを考えることはとても大切です。

 

 

この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!