グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



アクセス解析調査


ユーザーの動きを知るための「アクセス解析」

ホームページで成果を上げるためには、ホームページは、「ユーザーのためのものである」という考え方の基、「ユーザーがどういった経路でサイトを訪問し、サイト内でどういった行動をとっているか」という利用状況を常に把握する必要があります。
ユーザーの行動や指向を知り、成果を上げるホームページにするためには、アクセス解析ツールの導入は必要不可欠です。

アクセス解析で分かること

  • 閲覧ページ数、ユーザー数
  • ユーザーの訪問経路
  • ユーザーのサイト内遷移
  • ユーザーの国・地域、閲覧環境
  • どのキーワードで検索して訪問してきたのか
  • 新規ユーザーとリピーターの数
  • ページ単位でのアクセス状況
など解析項目は多数
アーティスでは、Googleが提供する無料アクセス解析ツ―ルであるGoogle Analyticsを中心にコンサルティングを提供しております。

アクセス解析で分かること


重要なのはデータから「問題点」を抽出し「改善策」を導き出すこと

アクセス解析を導入し、データを取得するだけでは成果は上げることはできません。
重要なのは、アクセス解析によって得られたデータから、問題点を見つけ出し、改善策を立て、実行することが重要です。しかし、データを分析するには知識や経験が必要になってきます。

アーティスでは、コンサルティングスタッフがお客様のアクセス解析データを様々な角度から分析し、成果を上げるためのソリューションをご提案させていただきます。

また、ホームページ制作・リニューアルにおいては、あらかじめ目標指数を設定し、公開後に改善策によってどれだけの成果を獲得できたか効果検証を行うことで、常に成果の出るホームページを目指していきます。

PDCAサイクル

PDCAサイクル

  1. Plan
    想定されるユーザー利用状況に合致したサイトを計画する

  2. Do
    計画に基づきウェブサイトを制作する

  3. Check
    アクセス解析を行って効果を検証する

  4. Action
    ホームページの構成やクリエイティブ、訪問者の集客法などを修正する

アクセス解析レポート

アクセス解析レポートサンプル

アクセス解析レポートサンプル

アーティスでは、「アクセス解析ツールの使い方が分からない」「分析するノウハウがない」「分析する時間がない」などの理由により、アクセス解析ツールを導入していても実際は活用できていないお客様の為にレポートを作成します。

解析データからユーザーの利用状況を分析し、問題点を指摘します。
成果の出るサイト改善のための第一歩としてご活用ください。

案件のお見積もりやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
(平日 9:00~18:00まで)