グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


アクセス解析


ホーム >  サービス >  Webコンサルティング >  アクセス解析

ユーザーの行動パターンから
最適なUIを実現。

閲覧した人のデータを視覚化。
アクセス数の増加とコンバージョン率の改善につながる。

アクセス解析調査とは︖

USABILITY TEST

アクセス解析調査は、アクセス解析ツールを導⼊し、
解析データをもとに「問題点」や「改善点」を導き出す調査です。
アーティスでは、Googleが提供する無料アクセス解析ツール
「Google Analytics」を使⽤しています。
Google Analyticsでは、さまざまな解析項⽬があり、ユーザーのホームページの利⽤状況を数値的に捉えることが可能です。

項⽬例

  • 閲覧ページ数、ユーザー数
  • ユーザーの訪問経路
  • ユーザーのサイト内遷移
  • ユーザーの国・地域、閲覧環境
  • どのキーワードで検索して訪問してきたのか
  • 新規ユーザーとリピーターの数
  • ページ単位でのアクセス状況 など

【POINT】 数値から「問題点」を抽出し「改善策」を導き出すこと

アクセス解析を導⼊し、データを取得するだけでは成果は上げることはできません。
重要なのは、アクセス解析によって得られたデータから、問題点を⾒つけ出し、改善策を⽴て、そして実⾏することが重要です。
しかし、データを分析するには知識や経験が必要になってきます。
アーティスでは、コンサルティングスタッフがお客様のアクセス解析データを様々な⾓度から分析し、成果を上げるための解決策をご提案させていただきます。
また、ホームページ制作・リニューアルにおいては、あらかじめ⽬標指数を設定し、公開後に改善策によってどれだけの成果を獲得できたか効果検証を⾏うことで、常に成果の出るホームページを⽬指していきます。

PDCAサイクル


  1. Plan
    想定されるユーザー利⽤状況に合致したサイトを計画する
  2. Do
    計画に基づきウェブサイトを制作する
  3. Check
    アクセス解析を⾏って効果を検証する
  4. Action
    ホームページの構成やクリエイティブ、訪問者の集客法などを修正する

アクセス解析レポート

REPORT

アーティスでは、「アクセス解析ツールの使い⽅が分からない」「分析するノウハウがない」「分析する時間がない」などの理由により、アクセス解析ツールを導⼊していても実際は活⽤できていないお客様の為にレポートを作成します。

どんなときに
アクセス解析調査が必要︖

WHEN YOU NEED IT

CASE 01

ホームページのリニューアル後

ホームページをリニューアルした後、実際にリニューアルしたことでどれだけのユーザーが増えているのか、集客は上がっているのかなど、結果を知ることは重要です。そこからさらに改善するにはどうすればよいのか、結果から新たな改善策をご提案いたします。

CASE 02

集客に伸び悩んでいるとき

集客が伸び悩んだとき、原因の⼀つにホームページが挙げられる可能性があります。実際にどのページに興味をもたれ、どのページがサイトを離れるきっかけになっているのか、など、あらゆる解析データをもとに、より良いホームページを作成して集客率アップをめざしましょう。

ユーザビリティテストの流れ

FLOW

STEP01. 解析ツールの導入
  1. タグの発⾏
  2. 埋め込み
STEP02. アクセス解析の実施
  1. Google Analyticsにて解析
STEP03. 資料作成・ご提案
  1. アクセス解析結果をもとに資料作成
  2. 改善点できる内容をご提案

アクセス解析
コンサルティング実績

RESULTS


ご相談、お⾒積もりのご依頼等、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

CONTACT

案件のお見積もりやご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日 9:00~18:00まで)

本社 053-459-1700
東京 03-5207-6490