ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


病院WebサイトのレスポンシブWebデザイン・常時SSL対応状況【東海エリア(静岡・愛知・岐阜・三重)】

この記事をシェアする:

前回のブログで関東エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉)の病院webサイトにおけるレスポンシブwebデザインと常時SSL対応状況について書きましたが、今回は弊社本社のある静岡県を含む東海エリア(静岡・愛知・岐阜・三重)の病院webサイトにおけるレスポンシブwebデザインと常時SSL対応状況ついて調査しました。

以前、2018年5月のブログで東海エリアのスマートフォン対応状況に調査をしていましたので、約1年半でどんな変化があったかも比較をしてみたいと思います。

静岡県内の病院

調査対象:日本病院協会に加入している静岡県内の71病院
調査日:2019年12月16日~20日
調査方法:トップページ及び下層数ページを目視で確認

経営主体別(レスポンシブwebデザイン対応)

経営主体区分 対象 レスポンシブ対応数 レスポンシブ対応率
独立行政法人国立病院機構 2 2 100.0%
国立大学法人 0 0
独立行政法人労働者健康安全機構 1 0 0.0%
国立研究開発法人 0 0
独立行政法人地域医療機能推進機構 2 0 0.0%
国(その他) 0 0
都道府県 1 1 100.0%
市町村 16 10 62.5%
地方独立行政法人 2 1 50.0%
日赤 5 2 40.0%
済生会 1 0 0.0%
厚生連 4 3 75.0%
共済組合及び連合会 0 0
健康保険組合及び連合会 0 0
公益法人 3 0 0.0%
医療法人 24 14 58.3%
特定医療法人 2 1 50.0%
社会医療法人 0 0
私立学校法人 2 2 100.0%
社会福祉法人 3 1 33.3%
医療生協 0 0
会社 1 0 0.0%
その他法人 2 1 50.0%
個人 0 0
合計 71 38 53.5%

経営主体別(常時SSL対応)

経営主体区分 対象 常時SSL対応数 常時SSL対応率
独立行政法人国立病院機構 2 0 0.0%
国立大学法人 0 0
独立行政法人労働者健康安全機構 1 0 0.0%
国立研究開発法人 0 0
独立行政法人地域医療機能推進機構 2 0 0.0%
国(その他) 0 0
都道府県 1 1 100.0%
市町村 16 7 43.8%
地方独立行政法人 2 1 50.0%
日赤 5 0 0.0%
済生会 1 0 0.0%
厚生連 4 2 50.0%
共済組合及び連合会 0 0
健康保険組合及び連合会 0 0
公益法人 3 1 33.3%
医療法人 24 7 29.2%
特定医療法人 2 0 0.0%
社会医療法人 0 0
私立学校法人 2 1 50.0%
社会福祉法人 3 0 0.0%
医療生協 0 0
会社 1 0 0.0%
その他法人 2 0 0.0%
個人 0 0
合計 71 20 28.2%

愛知県内の病院

調査対象:日本病院協会に加入している愛知県内の120病院
調査日:2019年12月16日~20日
調査方法:トップページ及び下層数ページを目視で確認

経営主体別(レスポンシブwebデザイン対応)

経営主体区分 対象 レスポンシブ対応 レスポンシブ対応率
独立行政法人国立病院機構 3 2 66.7%
国立大学法人 0 0
独立行政法人労働者健康安全機構 2 0 0.0%
国立研究開発法人 0 0
独立行政法人地域医療機能推進機構 1 0 0.0%
国(その他) 0 0
都道府県 4 2 50.0%
市町村 19 14 73.7%
地方独立行政法人 1 1 100.0%
日赤 2 1 50.0%
済生会 1 1 100.0%
厚生連 8 6 75.0%
共済組合及び連合会 2 0 0.0%
健康保険組合及び連合会 3 1 33.3%
公益法人 2 1 50.0%
医療法人 42 26 61.9%
特定医療法人 7 4 57.1%
社会医療法人 14 8 57.1%
私立学校法人 2 2 100.0%
社会福祉法人 1 0 0.0%
医療生協 1 0 0.0%
会社 3 1 33.3%
その他法人 2 1 50.0%
個人 0 0
合計 120 71 59.2%

経営主体別(常時SSL対応)

経営主体区分 対象 常時SSL対応数 常時SSL対応率
独立行政法人国立病院機構 3 2 66.7%
国立大学法人 0 0
独立行政法人労働者健康安全機構 2 0 0.0%
国立研究開発法人 0 0
独立行政法人地域医療機能推進機構 1 0 0.0%
国(その他) 0 0
都道府県 4 2 50.0%
市町村 19 10 52.6%
地方独立行政法人 1 1 100.0%
日赤 2 2 100.0%
済生会 1 0 0.0%
厚生連 8 5 62.5%
共済組合及び連合会 2 2 100.0%
健康保険組合及び連合会 3 0 0.0%
公益法人 2 0 0.0%
医療法人 42 15 35.7%
特定医療法人 7 4 57.1%
社会医療法人 14 8 57.1%
私立学校法人 2 2 100.0%
社会福祉法人 1 0 0.0%
医療生協 1 0 0.0%
会社 3 2 66.7%
その他法人 2 0 0.0%
個人 0 0
合計 120 55 45.8%

岐阜県内の病院

調査対象:日本病院協会に加入している岐阜県内の41病院
調査日:2019年12月16日~20日
調査方法:トップページ及び下層数ページを目視で確認

経営主体別(レスポンシブwebデザイン対応)

経営主体区分 対象 レスポンシブ対応 レスポンシブ対応率
独立行政法人国立病院機構 0 0
国立大学法人 0 0
独立行政法人労働者健康安全機構 0 0
国立研究開発法人 0 0
独立行政法人地域医療機能推進機構 1 0 0.0%
国(その他) 0 0
都道府県 0 0
市町村 7 5 71.4%
地方独立行政法人 3 2 66.7%
日赤 2 1 50.0%
済生会 0 0
厚生連 6 5 83.3%
共済組合及び連合会 1 1 100.0%
健康保険組合及び連合会 0 0
公益法人 0 0
医療法人 11 3 27.3%
特定医療法人 4 2 50.0%
社会医療法人 3 2 66.7%
私立学校法人 1 0 0.0%
社会福祉法人 0 0
医療生協 0 0
会社 0 0
その他法人 1 0 0.0%
個人 1 0 0.0%
合計 41 21 51.2%

経営主体別(常時SSL対応)

経営主体区分 対象 常時SSL対応 常時SSL対応率
独立行政法人国立病院機構 0 0
国立大学法人 0 0
独立行政法人労働者健康安全機構 0 0
国立研究開発法人 0 0
独立行政法人地域医療機能推進機構 1 0 0.0%
国(その他) 0 0
都道府県 0 0
市町村 7 3 42.9%
地方独立行政法人 3 2 66.7%
日赤 2 0 0.0%
済生会 0 0
厚生連 6 0 0.0%
共済組合及び連合会 1 1 100.0%
健康保険組合及び連合会 0 0
公益法人 0 0
医療法人 11 3 27.3%
特定医療法人 4 2 50.0%
社会医療法人 3 0 0.0%
私立学校法人 1 1 100.0%
社会福祉法人 0 0
医療生協 0 0
会社 0 0
その他法人 1 0 0.0%
個人 1 0 0.0%
合計 41 12 29.3%

三重県の病院

調査対象:日本病院協会に加入している三重県内の34病院
調査日:2019年12月16日~20日
調査方法:トップページ及び下層数ページを目視で確認

経営主体別(レスポンシブwebデザイン対応)

経営主体区分 対象 レスポンシブ対応 レスポンシブ対応率
独立行政法人国立病院機構 1 0 0.0%
国立大学法人 0 0
独立行政法人労働者健康安全機構 0 0
国立研究開発法人 0 0
独立行政法人地域医療機能推進機構 1 0 0.0%
国(その他) 0 0
都道府県 0 0
市町村 5 3 60.0%
地方独立行政法人 1 1 100.0%
日赤 1 0 0.0%
済生会 2 1 50.0%
厚生連 6 6 100.0%
共済組合及び連合会 0 0
健康保険組合及び連合会 0 0
公益法人 0 0
医療法人 11 2 18.2%
特定医療法人 4 3 75.0%
社会医療法人 0 0
私立学校法人 0 0
社会福祉法人 1 0 0.0%
医療生協 1 0 0.0%
会社 0 0
その他法人 0 0
個人 0 0
合計 34 16 47.1%

経営主体別(常時SSL対応)

経営主体区分 対象 常時SSL対応数 常時SSL対応率
独立行政法人国立病院機構 1 0 0.0%
国立大学法人 0 0
独立行政法人労働者健康安全機構 0 0
国立研究開発法人 0 0
独立行政法人地域医療機能推進機構 1 0 0.0%
国(その他) 0 0
都道府県 0 0
市町村 5 3 60.0%
地方独立行政法人 1 1 100.0%
日赤 1 0 0.0%
済生会 2 1 50.0%
厚生連 6 0 0.0%
共済組合及び連合会 0 0
健康保険組合及び連合会 0 0
公益法人 0 0
医療法人 11 5 45.5%
特定医療法人 4 0 0.0%
社会医療法人 0 0
私立学校法人 0 0
社会福祉法人 1 0 0.0%
医療生協 1 1 100.0%
会社 0 0
その他法人 0 0
個人 0 0
合計 34 11 32.4%

東海エリア4県の合計

調査対象:日本病院協会に加入している静岡県、愛知県、岐阜県、三重県内の266病院
調査日:2019年12月16日~20日
調査方法:トップページ及び下層数ページを目視で確認

経営主体別(レスポンシブwebデザイン対応)

経営主体区分 対象 レスポンシブ対応 レスポンシブ対応率
独立行政法人国立病院機構 6 4 66.7%
国立大学法人 0 0
独立行政法人労働者健康安全機構 3 0 0.0%
国立研究開発法人 0 0
独立行政法人地域医療機能推進機構 5 0 0.0%
国(その他) 0 0
都道府県 5 3 60.0%
市町村 47 32 68.1%
地方独立行政法人 7 5 71.4%
日赤 10 4 40.0%
済生会 4 2 50.0%
厚生連 24 20 83.3%
共済組合及び連合会 3 1 33.3%
健康保険組合及び連合会 3 1 33.3%
公益法人 5 1 20.0%
医療法人 88 45 51.1%
特定医療法人 17 10 58.8%
社会医療法人 17 10 58.8%
私立学校法人 5 4 80.0%
社会福祉法人 5 1 20.0%
医療生協 2 0 0.0%
会社 4 1 25.0%
その他法人 5 2 40.0%
個人 1 0 0.0%
合計 266 146 54.9%

経営主体別(常時SSL対応)

経営主体区分 対象 常時SSL対応数 レスポンシブ対応率
独立行政法人国立病院機構 6 2 33.3%
国立大学法人 0 0
独立行政法人労働者健康安全機構 3 0 0.0%
国立研究開発法人 0 0
独立行政法人地域医療機能推進機構 5 0 0.0%
国(その他) 0 0
都道府県 5 3 60.0%
市町村 47 23 48.9%
地方独立行政法人 7 5 71.4%
日赤 10 2 20.0%
済生会 4 1 25.0%
厚生連 24 7 29.2%
共済組合及び連合会 3 3 100.0%
健康保険組合及び連合会 3 0 0.0%
公益法人 5 1 20.0%
医療法人 88 30 34.1%
特定医療法人 17 6 35.3%
社会医療法人 17 8 47.1%
私立学校法人 5 4 80.0%
社会福祉法人 5 0 0.0%
医療生協 2 1 50.0%
会社 4 2 50.0%
その他法人 5 0 0.0%
個人 1 0 0.0%
合計 266 98 36.8%

関東エリアより高い普及率

東海エリア全体ではレスポンシブWebデザイン対応が54.9%、常時SSL対応が36.8%の普及率となり、関東エリアより 高い数値となりました。

東海エリア 関東エリア
レスポンシブWebデザイン対応 54.9% 50.1%
常時SSL対応 36.8% 33.4%

数値を押し上げているは愛知県ですが、「堅実で保守的、安定志向が強いが必要なものには出し惜しみなくすぐ決断する」といった県民性が表れているかもしれませんね。

関東エリアでは神奈川県の普及率が一番高い結果となりましたが、愛知県と神奈川県は比較的類似性が高いというデータを出しているサイトもありこちらも興味深いですね。

都道府県別統計とランキングで見る県民性

愛知県のレスポンシブwebデザイン対応が1.7倍

2018年5月に行ったレスポンシブwebデザイン対応の結果と比較すると下記のような結果となりました。

調査対象病院数 2018年5月 2019年12月
静岡県 71 26 38
愛知県 120 42 71
岐阜県 41 18 21
三重県 34 13 16

静岡県が対応病院数を1年半で約1.5倍としていますが、ここでも愛知県が約1.7倍と東海エリアの普及率を引っ張っていることが分かります。岐阜県、三重県はそもそも病院数が少ないこともありますが3病院増加という結果となりました。

さいごに

いかがでしたでしょうか? 東海エリアの方が関東エリアよりもレスポンシブwebデザイン対応、常時SSL化対応共に普及率が高いという意外な結果となりました。 とはいえ、他業種に比べれば普及率はまだまだ低い数値ですので、なるべく早く対応することをおすすめします。


この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!