ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


病院サイトにおけるCMS導入時の注意点

この記事をシェアする:

名刺

看護師募集を成功させるサイトの秘訣」のコラムでも冒頭でふれましたが、ここ数年、加速度的に病院サイトのリニューアルが進んでいます。
そして、その多くのサイトに院内で簡単に更新作業を行う事ができるCMS(※1)が導入されています。
弊社でリニューアルをお手伝いした病院様では、ほぼ100%の導入率です。

病院サイトは更新頻度が高いですから、迅速な情報配信を実現できるCMSの導入は非常に大きなメリットがありますが、「どんなCMSを選べばいいのか」「どういった点について注意すればいいのか」というご相談をよく頂きます。

今回のコラムでは病院サイトにおけるCMS導入時の注意点についてまとめたいと思います。

※1 Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略称で、専門知識がなくてもブログ感覚でWebサイトの作成・編集ができるホームページ簡単更新システムです。

CMSはウェブ制作会社によって機能も使い勝手も違う

「当たり前でしょ・・・」と思われるかもしれませんが、様々な病院様に伺うとCMSというシステムはすべて同じものと認識されている方が思いのほか多くいらっしゃいます。
CMSとは総称であり、それぞれのウェブ制作会社が提案するCMSはまったくの別物ですから、当然機能や使い勝手も異なります。その認識を持って頂く事からCMSの選定はスタートします。

自由度の高いCMSは要注意

ページレイアウトの自由度が高く、様々な機能が付いているCMSは一見良いように思えますが、実はそこに落とし穴があります。

多くの病院サイトの場合、CMSを導入すると「病院概要」「診療科」「採用情報」など情報の分類別に担当者を決め、複数人で更新作業を行うようになります。
あまりに自由度の高いCMSですと、更新者によって様々なレイアウト、装飾のページが出来上がってしまいサイト全体の統一感が取れなくなってしまうケースがあります。
実際に相談を受けた病院様ではページごとのタイトルの色、デザイン、画像の大きさ、文字のフォントやサイズなどがバラバラになってしまい、ユーザーにとって非常に見づらいサイトになっていました。

更新者のスキルアップやページ作成ルールの徹底という手もありますが、統一したデザインや使い勝手を保つために、ある程度機能やレイアウトに制限を設けているCMSをお選び頂いた方が良いと思います。

更新者は増えることが多い

CMS導入当初は数人だった更新者が、慣れてくるとどんどん増えていく傾向にあります。
つい最近ですが、診療科ごとに更新者を設定し、情報を配信していこうとされている病院様がいらっしゃいました。そうなると一気に十数人増える事になります。
しかし、CMSによっては更新者の数に上限があったり、更新者の人数に応じた料金設定になっているなど、更新者が増えれば増えるほど費用が上がってしまうものもあります。

CMSを導入した後、更新者が増えるという事も想定し、更新者が増えても費用が変わらないCMSを選定されるのが望ましいです。

スマートフォンへの対応は必須

ここ最近、病院のウェブ担当者様から「病院サイトでスマートフォンへの対応は必要か?」という質問をよく受けます。
約半数の担当者様は「ターゲットユーザーの年齢層が高いのでまだ必要ないんじゃないか」という意見を待たれていますが、弊社でお手伝いしました病院サイトのアクセスを分析するとタブレットもしくはスマートフォンから閲覧しているユーザー数は全体の30%、ここ1~2年で3倍近く増加しています。

上記の結果からもわかるようにスマートフォンへの対応は必須となりますが、スマートフォンサイトをPCサイトと別に立ち上げると更新作業や管理の手間が2倍になってしまいます。

最近ではPCサイトとスマートフォンサイトを自動で連携させる機能を持ったCMSも多いですから、CMSの導入時にスマートフォンサイトへの対応を行うのも良いでしょう。

CMSのデモンストレーションは必ず確認する

弊社ではお客様にCMSを提案する際、必ずデモンストレーションを行っています。
ウェブ制作会社によって提案するCMSは全然違うわけですから、じっくり見ていただかないと比較ができないと考えているからです。

ただ病院様から「はじめてデモンストレーション見ました」と良く言われます。他のウェブ制作会社からは「CMS提案できます」とだけ言われるそうです。

CMSは機能はもちろんCMS自体の操作感や使い勝手も非常に重要です。
専門的な単語が使われていないか、直感的な操作が可能か、出来上がったページの使い勝手はどうか、そういったものを確認するためにはデモンストレーションを見るしかありません。

機能の羅列や管理画面のキャプチャだけでなく実際に操作している画面、出来上がったページを見て判断しましょう。

まとめ

  • CMSとは総称であり、提案する制作会社によって種類が異なる。当然機能や使い勝手も異なる。
  • 自由度の高いCMSの場合、更新者によって様々なレイアウト、装飾のページが出来上がってしまいサイト全体の統一感が取れなくなってしまう可能性がある。
  • 更新者が増えるという事も想定し、更新者が増えても費用が変わらないCMSを選定した方が良い。
  • スマートフォンサイトへの対応は必須。スマートフォンサイトが生成できるCMSを選ぶべき。
  • 実際の管理画面操作を見ることで操作感や使い勝手を理解することが重要。
この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!