グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

お役立ち情報Blog



IllustratorデータをPhotoshopで開く! レイヤーを保持したままaiをpsdに変換する方法

Illustratorでの制作物にPhotoshopで効果を付けたいときや、 aiデータをpsdデータに変換する必要があるとき、ただIllustrator上でpsdデータを「開く」をしても、レイヤーは統合されてしまいます。

今回はIllustratorで作成したデータのレイヤーを保持しながら、Photoshopで開くことができる方法をご紹介します。

01. Illustratorでデータを作成する

Illustratorで下記のデータを作成しました。

必要な分レイヤーを分け、レイヤー名を付けます。

02. 保存ファイル形式をPSDにする

次に、PSD形式で保存します。

「ファイル」→「書き出し」→「書き出し形式」を選択します。

任意の保存場所を指定した後、ファイルの形式からPhotoshop(PSD)を選び、保存します。

その後、Photoshop書き出しオプションの画面がでてくるので、カラーモードや解像度等を任意で変更したのち「レイヤーを保持」にチェックをいれ、OKします。

これで保存は完了です。

03. Photoshopで確認

指定した場所に保存されているPSDデータを、Photoshopで開いてみましょう。

ちゃんとレイヤーが分かれていることがわかります。背景透過も効いています。

aiデータをpsdデータとして読み込むと、パスデータ(ベクターデータ)ではなくピクセルデータ(ラスターデータ)になってしまうので、Photoshopにて拡大・縮小する際は注意が必要です。

データ形式の違いについてはこちら

さいごに

いかがでしたでしょうか。

コピペで一つ一つ要素を移動させることもできるのですが、レイヤーが多いとそれも大変なので、この方法がおすすめです。レイヤー名をきちんと付けておくことで、書き出した後もわかりやすいです。

この他にも、IllustratorをPhotoshopの連携の方法は色々あるので、後々ご紹介していけたらと思います。

ぜひ一度お試しください。

この記事のカテゴリ

FOLLOW US

最新の情報をお届けします