ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


デザインの観点から見たGoogleの成功

この記事をシェアする:

 

1998年に設立されたGoogleは、あっという間にネットの世界を席巻してしまいました。
これほどまで短期間のうちに巨大な成長をした要因としては、いろいろと考えられますが、Googleのあのシンプルなトップページもそのうちのひとつであると思われます。

Googleのトップページは、誕生したころからほとんど変わっていません。
しかし、特筆すべき点は、広告収入を主な収入源としているのにもかかわらず、トップページには広告がまったくないことです。

アイキャッチ

もしGoogleのトップページに広告を出稿できたらどれだけの効果が期待できるのかということは想像もつきませんし、そもそもどれだけの広告料を払えば掲載できるのかということについても見当がつきません。たぶん短時間の掲載だけでも億単位になることは、まちがいないでしょう。

でも、Googleはトップページに広告を掲載しないのです。
それは、なぜでしょうか。

なんらかの調べごとをしたくてGoogleのトップページに訪れたユーザーは、検索をして、求めている情報に該当する検索結果を得ることが目的であって、けっして広告を見たいわけではないのです。ですからユーザーにとって価値があるかどうかわからない広告を掲載することはしないのです。 Googleの会社紹介ページ内に、その理念が明記されています。

逆に、検索結果のページにそのキーワードに関連した広告を掲載することは、まったく理にかなっているわけですね。

ユーザーにとって必要であると考えられる情報以外は見せないという、ユーザーの立場にたってサービスを考える姿勢がGoogleの成功要因のうちのひとつであると思います。

The following two tabs change content below.
池谷義紀

池谷義紀

株式会社アーティス 代表取締役
1998年アーティスを設立し、インターネット通信販売をはじめとした数々のウェブサイト構築を手がける。ユーザビリティという言葉自体が耳慣れなかった頃よりその可能性に着目。理論や研究だけでなく、実際の構築と運営という現場で積み重ねてきた実績がクライアントの信頼を集めている。
この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!