ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


iPhoneのカレンダーやリマインダーをWindowsパソコンに同期させて作業効率をアップさせる方法

この記事をシェアする:
私がイベントやタスクをメモするときには、iPhoneの標準アプリであるカレンダーやリマインダーを使用しています。
しかし、実際に作業を行うのはWindowsのパソコンなので、イベントやタスクを確認するたびにiPhoneを開く必要があり、少しだけ面倒でした。
しかし、iCloudとOutlookを使用すれば、上記の手間を減らせることが最近分かったので、設定方法を解説していきます。

iCloudとは

iCloudとは、Apple社が提供する、クラウドサービスです。Apple製のデバイス内の写真やカレンダーやリマインダーなどを、ウェブ上に保存することが出来ます。

無料版では5GBまで使用することが出来ます。有料版では支払う金額によって使用できるストレージ容量が増加します。

有料版に変更しても、ストレージ容量以外は変わらないため、iCloudに写真を保存しないのであれば、無料版のままで問題無いです。

有料版の料金

50GB 月額130円
200GB 月額400円
2TB 月額1,300円

※2020年6月現在

iPhoneの設定

iPhone側の設定方法は以下の通りです。


設定をタップし、画像の赤枠の部分をタップしてください。


「iCloud」をタップしてください。


「ICLOUDを使用しているAPP」から、「カレンダー」と「リマインダー」を選択してください。


iPhone側の設定は以上です。

パソコンの設定

パソコン側の設定は以下の通りです。パソコン側の設定では、iCloudとoutlookのインストールを行います。


https://support.apple.com/ja-jp/HT204283

上記URLからWindows用iCloudをダウンロードします。
画像の赤枠の部分をクリックし、その後の画面で「入手」→「インストール」とボタンを押していき、ファイルをダウンロードしてください。


ダウンロードしたファイルのインストールが終わると、画像の画面が表示されますので、Apple IDを入力してください。


画像赤枠の部分にチェックが入っていることを確認したのち、「適用」をクリックしてください。


Outlookがパソコンにインストールされていない場合はMicrosoft Storeから購入してください。
※筆者は最新版のOutlookではなく、Outlook2013を使用していますが、最新版のOutlookでも同期は可能です。

パソコン側の設定は以上です。

カレンダー・リマインダーの同期方法(iCloudからOutlookへ)

カレンダーを同期する場合

Outlookを起動し、「予定表」をクリックしてください。

カレンダー内にiPhoneのカレンダーで登録したイベントが表示されていれば成功です。

リマインダーを同期する場合

Outlookを起動し、「タスク」を選択してください。

件名の欄に、iPhoneのリマインダーで登録したタスクが表示されていれば成功です。

もちろんiPhoneから同期したタスクでも、期限の時刻にパソコン側へ通知できます。

まとめ

今回はiPhoneのカレンダーやリマインダーをWindowsパソコンに同期する方法を解説しました。

パソコンでの作業中に、都度iPhoneを立ち上げる必要がなくなるので、iPhoneとWindowsパソコンを併用している方は是非お試しください。


この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!