グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



採用情報Recruit



「創造する楽しみ、貢献する喜び」を共有できる仲間を募集しています。

私たちの使命(ミッション)

わたしたちの使命は、使う人の立場に立って創りだすシステムやデザイン、ソリューション(課題の解決手法)など知的創作物の提供により世の中の人たちを幸せにすることです。

ビジョン

アーティスは、創業者である池谷義紀が自宅のアパートで見よう見まねで名刺を作り、飛び込み営業とインターネット通販で販売したところからスタートしました。その後、ウェブサイトの制作を請け負うようになり、制作のみならず成果をあげるためコンサルティングや管理を簡単におこなうシステムの開発などをおこなってきました。

名刺にしてもウェブサイトにしてもクリエイティビティを発揮することによって創られる商品やサービスであり、コミュニケーションの手段として使われると同時に、その先に広く広がり、新しい価値を生みだしていく商品です。

私たちのビジョンは、市場のニーズをくみ取るだけでなく、こんなものがあったら便利だろうとか楽しいだろうと思える製品やサービスを考え、どんどん創りだし提供することによって、みんなを幸せにしていける会社になっていることです。

アーティスの求める人材


「一流の仕事を志向し、誇りを持って猛烈に働き、働くことを楽しむ。」

一流と二流は、数字では1しか違いませんが、実際には一桁や二桁くらいの違いがあるでしょう。
それくらい一流とは尊いものですし、そこにたどり着くためには、二流レベルで終わるのとは桁が違う努力が必要となります。
でも、それだけのことをするからこそ、自分の仕事と自分に誇りが持てるようになるのだと思います。

二流に終わってしまう要因の一つが妥協です。
仕事は、妥協をしたら面白くなくなります。
それは、仕事に限らずどんなことに対してもそうなのかもしれません。
自分の持てるすべてをつぎ込んでやる仕事は、しんどいですが絶対に楽しいです。
やり切った時の爽快感と達成感。自分が成長できている実感。
妥協せずにやり切ればこそ味わえる喜びがそこにあります。

あらかじめ言っておきますが、アーティスの仕事はハードです。
一流を志向するのであれば当然そうなります。
仕事のアウトプットだけでなく、取り組み姿勢に対しても厳しさを求めます。
また、華やかな仕事ばかりではなく、地道な仕事やきつい仕事もたくさんあります。

仕事も頑張るけど、休日や趣味の方が大切だ、と考える人に、アーティスは合わないと思います。
他にもっと向いている会社があるでしょう。
人はそれぞれ違う価値観をもっているわけなので、それぞれの価値観にあっている会社を選ぶことが、その人にも会社にも幸せです。

一流の仕事を志向し、誇りを持って猛烈に働き、働くことを楽しむ。

この言葉に共感できる人を待っています。