ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


ホームページ制作で失敗しないために知っておきたいこと【格安ホームページ制作】

main

新規のお客様と商談させていただくと、過去のホームページ構築やリニューアル時に「価格を優先して業者を決めた結果、上手くいかなかった」というお話を耳にすることがあります。お客様が不満を抱える点として下記のような意見が挙げられます。

  • 対面の打ち合わせがなく、コミュニケーション不足により意図しないホームページ(未完)のまま公開をされてしまった。
  • 更新作業を業者に依頼してもレスポンスが遅いため、更新作業をあきらめて放置している。
  • 制作費用は0円だが月額費用が高かった。また、リース契約のため業者の変更ができない。

中小企業のお客様にとって低価格でホームページを作成できる点は大きな魅力的です。しかし、価格が売りの格安ホームページ作成には、事前には分かりづらいデメリットが潜んでいます。今回は、そのデメリットについてお伝えしていきます。

電話・メールのみのやり取りで、対面の打ち合わせがない。

格安制作会社では電話やメールのみの連絡にすることで、人件費を安く抑え格安料金で制作をしています。
ここで問題になるケースとしては、対面の打ち合わせがないため、電話やメールのサポートだけでは依頼者と制作側間で意思疎通がうまく図れずなかなか制作が進まないことや、具体的な質問ができない・提案がないまま制作が進んでしまうことがあります。

001

ホームページは有形商品と違い、何もない状態から作り上げる無形商品のため、依頼者・製作者双方の意見共有が重要になります。ホームページ作成の第一段階としてWeb制作会社は、ホームページの目的やビジネスモデル、ターゲットユーザーやニーズなどを依頼者にヒアリングします。その全てを電話やメールで済ますことも可能ですが、よりお客様のビジネスやニーズを理解するためには、実際にお会いしてヒアリングさせていただくことが重要です。
また、何か問題やトラブルが起きた場合、対面で話し合いをすれば解決することも電話やメールでのやりとりでは収集がつかなくなり、最悪なケースとして未完のままホームページのまま公開をされてしまうこともあるようです。

せっかく、お金を払って制作を依頼しても不本意なかたちで公開や納品されてしまっては本末転倒です。

更新作業を依頼してもレスポンスが遅い。

格安制作会社の中には、ホームページを売り切りとして考えており、納品後は別の顧客の制作作業にすぐに入るため、公開後の追加作業や更新作業のレスポンスが遅いまたは、対応してもらえない。というケースもあります。
これではホームページの大きなメリットであるリアルタイムな情報発信を実現することができません。

多くの中小企業はホームページに「自社の信用力向上・新規顧客開拓、人材募集」などを期待しており、それらの目的を達成するためにはビジネスや市場の変化、ユーザーのニーズに合わせたタイムリーな更新作業が必要とされます。

初期制作費用を抑えて作成した結果、思い通りに更新できない状態になってしまってはホームページを有効活用することができません。

制作費用は0円だが、リース契約だった。

004

制作費用0円の格安制作会社の中には、月々数万円でリース契約が必要になる場合があります。
そもそもリース契約とは、契約満了後に返却することを前提としており、「無形物」であるホームページはリース契約ができません。しかし、パソコン本体やホームページ更新ソフトにリースをかけ費用を回収することで、制作費用0円でホームページを作成する悪徳業者が存在します。
リース契約は、一度契約をしてしまうと定められた期間が過ぎるまで契約の解除ができません。途中で解除をするためには、契約期間の料金を一括で支払わなければいけないため、最もトラブルが多いのです。これについては、中小企業庁でも注意喚起がされています。

▼中小企業庁
http://www.chusho.meti.go.jp/soudan/2009/download/110901leaseThink.pdf

まとめ

今やホームページは法人・個人問わず、必要不可欠なマーケティングツールとなっています。そんなツールを格安で制作できるのは非常に魅力的です。しかし、価格に惑わされて納得のいかないホームページが出来上がり、運用もできないということでは意味がありません。場合によっては、より高額な支払いをしなければならないこともあり、本末転倒です。

ホームページの制作会社を選ぶ際には、対面での打ち合わせができるのか、契約内容や料金体系を明確に示してくれるのか。そして何よりその会社を信頼できるのかが重要な判断材料になると思います。複数の制作会社から話を聞き、見積もりをとり、納得のいく制作会社に依頼をしましょう。

The following two tabs change content below.
アーティス

アーティス

創造性を最大限に発揮するとともに、インターネットに代表されるITを活用し、みんなの生活が便利で、豊かで、楽しいものになるようなサービスやコンテンツを考え、創り出し提供しています。
この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!