ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


従来の営業手法を変革できる「ウェブマーケティング」

この記事をシェアする:

名刺

インターネットが普及する以前における主なマーケティング(営業・広告)手法としては以下のようなものがありました。

  • 営業マンによる営業活動(電話営業・訪問営業)
  • ポスティング
  • ダイレクトメール
  • テレビ・ラジオCM
  • 雑誌広告
  • 折り込み広告
  • 屋外広告

これらに変わる新しく、かつ強力なマーケティング(営業・広告)手法として、「インターネット」の活用が急激に高まってきています。
私たちはウェブコンサルティングを業務とさせていただいておりますが、こういった従来の手法を否定するつもりはありません。これらの手法に加えて、インターネットをひとつの受注チャネルとしてより活用に少しでもお力になれればと考えています。
今日、これだけインターネットが普及していますので、利用しない手はないのです。

このページをご覧いただいている皆様の多くは、インターネットが効果的であるとなんとなくイメージされている方もいらっしゃると思いますが、具体的にどうすればよいのかということがわからないのが現状だと思います。

従来の営業手法と比較して、「インターネットだからできること」としては以下のことが挙げられます。

  • 商品、サービスを求めている人に“安く、効果的にPR”することができる。
  • ウェブを通じて市場調査(ニーズ把握)ができ、リアルな営業活動に活用できる。

ウェブサイトが普及し始めた当初は「とりあえずウェブサイトを持つ」ということでよかったですが、最近ではただ持っていればよいのではなく、活用できなければ成功はできない時代になっています。
4年前、5年前にとりあえず作ったウェブサイトを持っているからと安心するのではなく、どのように活用できるかというレベルまで考えなければ成果は得られません。

今までのやり方を変え、より大きな成果得るための第1歩としては、今までのマーケティング(営業・広告)手法を見直し、いかにしてウェブマーケティングを効果的に組み込んでいくのか、あるいは転換させるのかが重要になります。

The following two tabs change content below.
アーティス

アーティス

創造性を最大限に発揮するとともに、インターネットに代表されるITを活用し、みんなの生活が便利で、豊かで、楽しいものになるようなサービスやコンテンツを考え、創り出し提供しています。
この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!