ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


コンテンツマーケティングが選ばれる理由!オウンドメディアやSNSを活用して売上を伸ばそう

この記事をシェアする:

「テレビCMや動画広告がスキップされる」「メルマガやDMが開封されない」

といった悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか?

このように、薄い広告効果や低い成約率に悩んでいる方におすすめなのがコンテンツマーケティングです。
コンテンツマーケティングは、インターネットやスマホが普及した現代に合ったマーケティング手法といえます。

今回は、コンテンツマーケティングの実態から、そのメリットデメリットまで解説していきます。

コンテンツマーケティングとは何か?

コンテンツマーケティングとは、webページや動画などのコンテンツを作成・発信することで、潜在的ニーズのあるユーザーを教育し、商品の購入・リピーターにまでなってもらう一連のマーケティングのことを言います。

主なコンテンツ内容として、ブログ・ソーシャルメディア・Eブック・動画などが挙げられます。

コンテンツマーケティングは、いわば相手主導で収益が成り立つプル型のインバウンドマーケティングで、従来のプッシュ型のアウトバウンドマーケティングとは違う性質を持っています。

例えば、従来のプッシュ型のマーケティングは企業主体で情報を発信するため、すでに関心のある顕在的ニーズを持ったユーザーにしか効果がありませんでした。
一方で、コンテンツマーケティングは基本的にプル型であるため、まだ商品に対して関心が薄い潜在的ニーズを持ったユーザーまで訴求することができるといった特徴があります。

つまりコンテンツマーケティングは、購買意欲の高い顕在的ニーズだけでなく、これから収益を生み出す可能性のあるユーザーまで幅広く囲い込むことができるのです。

現在コンテンツマーケティングが主流になりつつある

現在、市場においてコンテンツマーケティングは主流になりつつあります。
なぜなら、プッシュ型のマーケティング手法であるテレビCMはスキップされ、バナー広告はクリックされず、DMは開封されないといった時代にあるからです。

その主な原因はインターネットやモバイルの普及にあります。
インターネットなどが普及していなかった過去は、ユーザーが企業の情報を知るためには、企業側が発信するCMや広告しか方法がありませんでした。しかし、インターネットが普及した現代では、ユーザーはより自分に合った商品を求めるようになり、一つの商品を購入するまでに、さまざまな企業の情報を検索・精査・判断まで行うようになりました。

そのため、従来のアウトバウンドマーケティングは効果が薄れゆき、コンテンツマーケティングが主流になりつつあるのです。

コンテンツマーケティングの効果は高い

コンテンツマーケティングはアウトバウンドマーケティングよりも高い効果を期待できます。

アウトバウンドマーケティングは顕在的なニーズにしか訴求できないため、売り上げが頭打ちになりやすいというデメリットがあります。
しかし、コンテンツマーケティングはまだ関心の薄いユーザーを広く囲い込むことができるため、これまで伸び悩んでいた売り上げに大きな影響を与える可能性があります。

また、情報を発信し続ければ続けるほどコンテンツは積み重なるため、わざわざ企業側からユーザーへアプローチせずとも、コンテンツに興味を示したユーザーが自然と集まってくるようになり、集客のための広告コストがかからないという大きなメリットがあります。

さらに、より価値の高いコンテンツを提供、独自性をアピールして、ユーザーをファンにすることができれば、競合との価格競争に巻き込まれないという効果があります。
価値の高いコンテンツが積み重なれば、自然とユーザーが集まり、自然と企業の商品を購入していく流れができあがり、永続的な収益が見込めるということです。

コンテンツマーケティングの媒体とリーチする方法

コンテンツマーケティングでは、ユーザーを育成するコンテンツ媒体と、そのコンテンツをユーザーへ届ける手段の2種類を理解する必要があります。ここからは、コンテンツマーケティングにはどういったコンテンツ媒体があるのか、またそのコンテンツをユーザーへ届ける方法についてご紹介してきます。

コンテンツ媒体

コンテンツ媒体には以下のようなものが挙げられます。


  • webコンテンツ
  • PDF
  • 動画コンテンツ
  • 音声コンテンツ

webコンテンツというのは、webサイトなどで発信されたさまざまな情報のことで、ユーザーの獲得から商品のPR、商品の販売などをすることができます。
webコンテンツをうまく活用すれば、潜在的なニーズのユーザーを囲い込むことができ、さらに商品の購入からリピーターにまで育成できるのが特徴です。
PDF、動画コンテンツ、音声コンテンツも同様にユーザーの育成が可能です。

また、従来は文章を主としたwebコンテンツが主流でしたが、YouTubeやTwitterなどのSNSが浸透している今では、動画コンテンツや音声コンテンツを使ったコンテンツマーケティングを行う企業も増えてきています。

コンテンツをユーザーへリーチする方法

コンテンツをユーザーへリーチする方法には以下のようなものがあります。


  • オウンドメディア
  • ブログ
  • SNS(Facebook・Twitter・YouTubeなど)

オウンドメディアとは、広義では自社運営のwebサイトやブログのことを指しますが、コンテンツマーケティングにおいては「見込み顧客の獲得や顧客とのロイヤリティを高めるために、ユーザーにとって価値のある情報を発信するwebサイト」を指します。

オウンドメディアやブログを使ったコンテンツマーケティングの基本は、コンテンツのSEO対策を行って検索エンジンからの流入を増やすことです。
そのため、発信するコンテンツは自社商品のPRだけではなく、ユーザーを集めたり育成するためのコンテンツが重要になります。

また、FacebookやTwitterなどのSNSで自社の各種コンテンツをリーチさせるという方法もあります。
SNSは情報が拡散・共有されやすいという特徴を持っており、興味関心の高い情報を発信することで、自社コンテンツを多くのユーザーへリーチさせることが可能です。

さらに、SNSはユーザー同士のコミュニケーションが容易に行えるため、ユーザーとの交流を重ねて信頼を構築すれば、顧客の獲得・リピーターの獲得・企業を推薦してくれるプロモーターの獲得などができます。
SNS上にプロモーターがたくさん存在すれば、それだけでも大きなマーケティング効果が期待できます。

SNSの中でも、動画コンテンツを中心に発信するのであればYouTubeがおすすめです。
YouTubeが一般的に利用されている現代では、文章媒体だけでなく、動画でのアプローチも有効なコンテンツマーケティングの一つです。

コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

コンテンツマーケティングを始める前に、まずはそのメリット、デメリットを理解しましょう。
コンテンツマーケティングのメリットとデメリットは、従来のアウトバウンドマーケティングと比較することで、浮かび上がってきます。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングのメリットには主に以下の4点が考えられます。


  • 潜在的ニーズを持ったユーザーにアプローチできる
  • リピーター獲得につながりやすい
  • コストを抑えられる
  • マーケティングの分析が簡単

コンテンツマーケティングを行うと、潜在的ニーズを持ったユーザーまでもがターゲットとなり、幅広い層までコンテンツを届けることができます。
さらに情報を提供することで潜在的なニーズを育成し、商品の購買、そしてリピーターにもつなげることができることも大きなメリットです。

これまでのアウトバウンドマーケティングでは、顕在的なユーザーしか対象にできない上に、CMやWEB広告を流すのにも大きなコストがかかっていました。
しかし、コンテンツマーケティングは広告費用がほとんどかからないので、コストを抑えることができます。

また、webメディアやソーシャルメディアでは、CTRやCTA、CVRなど、そのメディアに対してユーザーはどのような行動を行ったのかの統計が取れるため、顧客行動などの分析をしやすくなります。マーケティング分析ができれば、コンテンツの改善が容易になり、購買へつなげやすいというのもコンテンツマーケティングのメリットの一つです。

コンテツマーケティングのデメリット

コンテンツマーケティングのデメリットには主に以下の2点が考えられます。


  • 運営に時間がかかる
  • 短期的に収益が見込めない

コンテンツマーケティングは多くのコンテンツを積み重ねることが最低条件であるため、運営に時間がかかるという懸念があります。
さらに、ユーザーの育成にも時間がかかるため、コンテンツマーケティングを始めたからといって、すぐに商品の購買が行われることはなく、短期的な収益が見込めません。
コンテンツマーケティングで収益が発生するためには最低でも半年〜1年、2年かかることが一般的です。

アウトバウンドマーケティングはCMや広告を流すことで、一定量の顧客を瞬時に集められますが、コンテンツマーケティングではそれができないというデメリットがあります。

さいごに

コンテンツマーケティングは企業にとって今や必要不可欠なマーケティング手法です。

インターネットやスマホが普及している現代では、ユーザーは自ら情報を集めるようになりました。
その結果、テレビCMやバナー広告など、マスメディアを利用した広告の効果が薄まってきています。

今、市場で勝つためには潜在的ニーズを抱えたユーザーを育成して商品の購入、リピーターにまでつなげて企業のファンになってもらうことが重要です。

ユーザーは情報を集める際、主に検索エンジンやTwitter・FacebookなどのSNSを活用しています。
オウンドメディアやSNSを活用してコンテンツマーケティングを成功させましょう。

The following two tabs change content below.
アーティス

アーティス

創造性を最大限に発揮するとともに、インターネットに代表されるITを活用し、みんなの生活が便利で、豊かで、楽しいものになるようなサービスやコンテンツを考え、創り出し提供しています。
この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!