ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


Illustratorのグラフツールを使えば、簡単にグラフを作成できます(棒グラフ編)

この記事をシェアする:

先日、グラフの画像データを作成する機会がありました。
ExcelやPowerPointで作成してもよかったのですが、もう少しデザイン性をもたせたかったので、Illustratorで作成することにしました。
Excelと同じように表に数値を入れるだけで作成でき、Illustratorの機能を用いてグラフ自体のデザインも凝ることができるため、非常に便利だなと感じました。

今回は、Adobe Illustrator CCで 基本の棒グラフを作成してみようと思います。

グラフの設定をする

新規グラフの設定・データの入力をする

まずはアートボード上で棒グラフの設定を行います。

棒グラフツールを選択し、アートボード上でクリック、任意のグラフの大きさを指定して「OK」します。


グラフデータが入力できるウィンドウが開くので、ここにデータを入力していきます。

デフォルトで入っている「1.00」の値をdeleteで削除します。
表の一番左の列が、グラフの横軸を表し、表の2列目がグラフの値を表します。


この辺りはExcelでグラフをつくるときと、同じ要領でできるかと思います。

これで簡単に棒グラフをつくることができました。


あらかじめテキストファイルに入力しておいたデータを、グラフデータウィンドウのデータ読み込みボタンから読み込むこともできます。

グラフデータを再編集する

1回作成したグラフを再編集したいときは、メニューバーから 「オブジェクト」>「グラフ」>「データ」 をクリックします。

すると、再度グラフデータウィンドウが開くので、値を編集することができます。

グラフのデザインを編集する

グラフの様式を編集する

グラフのメモリ等、様式の編集はグラフ設定で行います。

メニューバーから 「オブジェクト」>「グラフ」>「設定」 を選択すると、グラフ設定ダイアログが開きます。

グラフオプション

  1. 「種類」
    グラフの種類を後から変更することができます。
  2. 「スタイル」
    棒グラフに影を付けることができます。
  3. 「オプション」
    棒グラフの幅を変更できます。

数値の座標軸

  1. 「目盛り」
    グラフを横切る目盛りの設定を決められます。
  2. 「ラベルを追加」
    グラフ縦軸の単位を決められます。


「目盛り」の「長さ(H)」項目を「反対の端まで延ばす」に設定したことで、グラフを横切る目盛りが表示されました。

項目の座標軸

グラフの項目を区切る目盛りの設定を行うことができます。


こちらも「目盛り」の「長さ(H)」項目を「反対の端まで延ばす」に設定したことで、項目を区切る目盛りが表示されました。

グラフの色や模様、文字の大きさ、フォントを変える

グラフのデザインを編集するには、ダイレクト選択ツールを用います。
ダイレクト選択ツールでグラフの棒部分やラベルを選択し、色や太さやフォントを変えます。

デザインされた棒グラフができました。

さいごに

今回はIllustratorで棒グラフを作成しました。
Illustratorなら、グラフのデザインを編集した後でもグラフのデータを保持しているので、あとから数値を変えることも簡単です。
引き続き折れ線グラフ、円グラフ、レーダーチャートの作成方法も紹介していこうと思いますので、ぜひ参考にしてみてください!


この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!