グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

お役立ち情報Blog



印刷すると⾊が変わる︖RGBとCMYKを理解して、正しくIllustratorの設定を使い分けよう(応用編)

前回の記事「印刷すると⾊が変わる︖RGBとCMYKを理解して、正しくIllustratorの設定を使い分けよう(基礎編)」では、RGBとCMYKの違いやillustratorでの設定の注意点も踏まえて簡単にご紹介いたしました。
今回は、RGBとCMYKの表現方法を数値的に説明いたします。

RGBの表現の仕組み

組み合わせの量、表現方法

RGBは原色一つにつき0~255の数値で色の濃さを設定します。そのため、赤・青・緑の3色それぞれに256段階の濃さがあることから、256の3乗で16,777,216通りの色を表現することが可能です。

例えば、R(255)G(0)B(0)であれば赤、R(0)R(0)B(0)であれば黒、R(255)R(255)B(255)であれば白、R(255)G(255)B(0)であれば黄、となります。このようなR・G・Bの組み合わせが、16,777,216通りあるということです。

カラーコード

カラーコードは16進数で表現され、数字10種(0~9)と英字6種(A~F)の16種の英数字の組み合わせから成り立ちます。

RGBの0~255の256段階を、それぞれ00~ffの2ケタで表現します。0であれば16進数では00、110であれば16進数では6E、となります。

0~9:00~09
10~15:0A~0F
16~25:10~19
25~31:1A~1F

続く・・・

240~249:F0~F9
250~255:FA~FF

これらをR・G・Bの3色分組み合わせた6ケタ、と、先頭に「#」を加えたものがカラーコードです。
例えば、R(255)G(255)B(0)の黄であれば、#ffff00と表現されます。

CMYKの表現の仕組み

組み合わせの量、表現方法

CMYKは、それぞれ0~100%で表現されます。そのため、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色それぞれに101通りの表現があり、4色合わせると101の4乗で104,060,401通りの色の表現があります。

しかし、これは理論上の話です。前回の記事でCMYKは印刷物に向いている話をしましたが、プリンターでは104,060,401通りの色の表現はできません。

もっと言うと、RGBは光の三原色であることから、明るい色の表現が幅広く可能なのに対し、CMYKは明るい色に近づくほど、白というより「色が無い」状態に近づきます。

そのため、数字だけでみればRGBよりCMYKの方が色の表現の幅が広く感じられますが、実際はRGBの方がCMYKよりも多くの色を表現できるのです。

RGBとCMYKの変換について

カラープロファイルの設定

CMYKからRGBに変換する際、プロファイルの設定によっても色が異なります。
Illustratorでは、「編集」→「プロファイルの指定」からプロファイルの確認ができます。

試しにプロファイルを変えて比べてみました。

▲sRGB IEC61966-2.1

▲Adobe RGB(1998)

目視でも色の違いがはっきり分かりますね。

変換ツールのご紹介

RGB⇔CMYKの変換するツールは複数あります。必要に応じて、下記サイトを使ってみるのもよろしいかと思います。

CMYK⇔RGB色変換
http://gameland2.sakura.ne.jp/database/color/db.cgi?mode=change

とてもシンプルで使いやすいサイトです。数値を入力することで、変換できます。

CMYKからRGBへの変換| 色変換 - RapidTables.org
https://www.rapidtables.org/ja/convert/color/cmyk-to-rgb.html

CMYKからRGBへの変換のみですが、色のプレビューを見ることができ、詳しい変換式も書かれています。

cmyk色見本 – Web色変換
https://colorcodesearch.com/cmyk-rgb/

CMYKからRGB、RGBからCMYK両方の変換が可能です。スクロールバーで数値の設定ができ、RGBのスクロールバーを動かすと、CMYKも自動的にスクロールバーが動きます。色見本を見ることも可能です。また、カラーチャートも詳しく載っていて、色のイメージがわきやすくなっています。

まとめ

2回に渡ってRGBとCMYKについてご説明いたしました。今回は私も勉強になることが多く、とてもためになりました。
みなさんも是非、今後の制作に役立ててみてはいかがでしょうか。

基礎編は下記よりご覧いただけます。

印刷すると⾊が変わる︖RGBとCMYKを理解して、正しくIllustratorの設定を使い分けよう(基礎編)

The following two tabs change content below.

蔦川結美

ソリューション事業部 webディレクター
関東の理系大学にてプロダクトデザインを学ぶ。千葉県にて百貨店社員として接客・マネジメント・商品PR、東京都にて人材紹介の営業を経験した後に、地元浜松へUターン転職。アーティス入社後はWebディレクターとして、大学・病院サイトを始め、コーポレートサイトのディレクション・企画業務に携わっている。
この記事のカテゴリ

FOLLOW US

最新の情報をお届けします