ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


Chromeリモートデスクトップで外出先から自宅や会社のPCを遠隔操作してみる

この記事をシェアする:

最近サポート詐欺などで悪用されている話を耳にする遠隔操作ソフト(リモートコントロールソフト)ですが、正しい使い方をすればとても便利なツールです。
以前は導入するための敷居が高くシステム管理者の手を借りるなどしないと実現が難しいツールでしたが、最近は手軽に導入できるようになっており複雑な設定をする必要もなくなってきました。
その中でもChromeの拡張機能「Chromeリモートデスクトップ」を利用すれば、無料で誰でも簡単に遠隔操作を実現できます。

そこで今回は、Chromeリモートデスクトップのインストールから設定までを解説したいと思います。

リモートデスクトップとは?

馴染みのない方に解説させていただくと、リモートデスクトップとはインターネットを経由して別のパソコンに接続し、接続先のパソコンを操作(遠隔操作)できるようにする技術です。

離れた場所にいるユーザのパソコンを操作してトラブルの原因を取り除いてあげたり、特定のパソコンにしかイントールされていないアプリケーションを別のパソコンから操作したりと、非常に便利な使い方ができます。

リモートデスクトップを行うには、リモートコントロールソフトが必要になります。そのソフトの1つが今回紹介する「Chromeリモートデスクトップ」です。

インストール方法

遠隔操作なので2台のPCを用意します。
操作される側のPCを「ホストPC」と呼び、操作する側のPCを「クライアントPC」と呼んで説明しています。

まずは両方のPCで必要な設定を説明します。

共通設定

両方のPCにChromeブラウザをインストールし、同じGoogleアカウントでログインしておきます。

次に拡張機能であるChromeリモートデスクトップをインストールするために、Chromeウェブストアの「Chromeリモートデスクトップ」にアクセスします。

Chromeリモートデスクトップのページが開いたら、画面右上の「CHROMEに追加」をクリックします。


「Chromeリモートデスクトップ」を追加しますか?というダイアログが出るので「アプリを追加」をクリックします。


Chromeリモートデスクトップが拡張機能としてインストールされると、アプリケーションセクションとChromeアプリランチャーにChromeリモートデスクトップアイコンが追加されます。

ホストPC側(操作される側)の設定

次に操作される側であるホストPC側の設定を行います。

Chromeアプリランチャーに表示されている「Chromeリモートデスクトップ」をクリックします。
クリックするとアカウント選択画面が表示されるのでChromeにログインしているユーザを選択します。

アカウントを選択すると許諾画面が表示されるので内容を確認し「許可」をクリックします。

アカウント選択画面

許諾画面


初回だけ「承認画面」が表示されるので「続行」をクリックします。


「続行」をクリックするとChromeリモートデスクトップのウィンドウが表示されます。

画面内の「マイコンピュータ」エリアにある「利用を開始」をクリックします。


続けて「リモート接続を有効にする」をクリックします。


ホストPC用のインストーラのダウンロード画面になるので規約を確認し、「同意してインストール」をクリックします。


インストーラがPC内にダウンロードされるので、実行してインストールをおこないます。


インストールを終えてChromeリモートデスクトップのウィンドウに戻ると「PINコード」の入力を求められます。

PINコードとは、認証の際に用いられる番号です。6桁以上の数字を設定しますが、セキュリティ的には長めの番号を設定しておいた方が良いですね。

また、クライアント側PCから接続する際に必要な情報なので入力した値をメモしておきます。


PINコードを入力し「OK」ボタンをクリックすると、リモート接続の有効化がはじまります。


ホスト側PCのリモート接続が有効になりました。「OK」をクリックします。


マイコンピュータのエリアにホストPCの情報を表示されるようになります。
これでホストPC側(操作される側)の設定は完了です。

ホストPCのリモート接続をやめたい場合は「リモート接続を無効にする」をクリックします。
入力したPINを変更したい場合は「PINを変更」をクリックして再度設定します。

クライアントPC(操作する側)からホストPCへの接続

クライアントPC側のChromeアプリランチャーから「Chromeリモートデスクトップ」を起動します。

同じGoogleアカウントでログインしていると先ほど設定したホストPCがマイコンピュータエリアに表示されているので、ホストPCの名前をクリックします。


PINの入力を求められるので先ほどホストPCで設定したPINコードを入力し「接続」をクリックします。


接続が完了し、Chromeリモートデスクトップウィンドウ内にホストPCの画面が表示されました。
リモートデスクトップウィンドウ内で操作を行うとホストPCでも同じ動きをしていることがわかると思います。

以上で同一アカウントでの遠隔操作の設定は完了です。

さいごに

今回は同一アカウントでの遠隔操作をおこないましたが、設定の仕方によって別のGoogleアカウントでもリモートデスクトップをインストールしている状態で遠隔操作の許可を出せば遠隔操作が行えるようになります。
遠く離れた家族のPCを代わりに操作する場合などに便利です。

遠隔操作ツールは使ってみるととても便利なソフトです。ただし、外部から自由に利用できるようになることで情報漏洩などのリスクもあがります。ビジネスで利用する場合にはシステム管理者などに確認をとって許可を得てから利用するようにしましょう。また必要が無くなったらツールの削除も忘れずに行いましょう。

この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!