ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


知っておくと便利なGmailの検索機能「検索演算子」を使用して作業効率をUPさせよう!

この記事をシェアする:

仕事やプライベートなど、Gmailは多くの方に利用されていますが、Gmailでメールを検索するとき、他のメーラーと仕様が少々異なるため戸惑う場合が多くあるようです。

今回は、そんなGmailの検索機能についてご紹介いたします。

Gmailの検索機能について

Gmailには、便利な機能が多くあります。

例えば、ソーシャルやプロモーションなどの広告メールは自動的にタブ分けしたり、他のGoogleのツールと連動したりと、活用の幅は広がっています。

検索についても、Gmailの場合は「単語検索」だけではなく、「送信者」「受信者」「件名」「含む」「含まない」など、様々な項目で絞って検索することが可能です。
そのため、広告などを含めた膨大の量のメールがある場合でも、ある程度目的のメールへたどり着きやすいメールクライアントとなっています。

PCの場合は上記の絞り込みの検索は簡単に行うことができますが、スマホの場合は少々難しく「検索演算子(検索コマンド)」と呼ばれるものを使用します。

それでは、実際にPC・スマホそれぞれの検索方法について説明いたします。

PC版Gmailの検索方法

PCでは、画面上部の「メールを検索」エリアを使用します。そのまま単語を調べることも可能ですが、右端の「▼」から検索をすると便利です。

「▼」をクリックすると、以下のような、細かい検索条件を記入・選択することができます。

「From送り主」「To宛先」「件名」だけでなく、「含む」「含まない」や、メールの「サイズ」、「添付ファイルあり」「チャットは除外」など、より詳細に絞ることが可能となります。

また、受信トレイをラベルで振り分けているのであれば、「検索」欄からラベルを選択して検索することも可能です。

スマホ版Gmailの検索方法

スマホの場合も、画面上部の「メールを検索」エリアを使用します。

スマホで条件を絞って検索する場合は、PCのように条件を選択する方法はございません。直接「検索演算子」というものを入力して検索します。


例えば、「From送り主」を検索したい場合は、

from:「送り主」

を検索窓に入力する必要があります。


条件によっていくつか「検索演算子」がありますので、それぞれの条件に合わせて入力する必要があります。

また、使用したい条件が複数ある場合は、「半角スペース」で区切って入力していきます。

例えば、「From送り主」と「件名」を絞りたい場合は、

from:「送り主」 subject:「件名」

と入力します。

検索演算子について

検索演算子は、スマホの場合で検索する場合には必要にはなりますが、PCでも直接検索窓に入力すればSPと同じように検索することが可能です。ですので、必要な検索演算子をいくつか覚えておけば作業効率UPに繋がります。

覚えておくと便利な検索演算子

覚えやすくて便利な検索演算子をまとめてみました。

送り主 from:
宛先 to:
件名 subject:
含む 演算子なし、直接入力
含まない
添付ファイルあり  has:attachment
★付き has:yellow-star
has:「使用している★の色」-star

期間を指定して検索する方法

期間を設定する場合は、

after:(もしくはnewer:)
before:(もしくはolder:)

を使用します。after:は見たい日付以降のメール、before:は見たい日付以前のメールを表示します。
例えば、2020年11月16日~2020年11月18日の期間のメールを見たい場合、

after:2020/11/16 before:2020/11/19
newer:2020/11/16 older:2020/11/19

と入力します。

未読のメールを調べる方法

未読だけを調べたい場合、PCでも困難に思われることもあるかと思います。
未読のメールのみを見たい場合は、

is:unread

と検索すると、簡単に表示することができます。

まとめ

今回はGmailの検索方法についてご紹介いたしました。
ご紹介した検索演算子は簡単で覚えやすいものばかりですが、他にも多く存在します。
用途に合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。


この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!