グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

お役立ち情報Blog



今話題のPHPフレームワーク「Laravel」を使ってみた(準備編)

GoogleTrendsで最近のPHPフレームワークの動向を調べるてみると、目に見えて「Laravel」が群を抜いて上昇しています。

引用:GoogleTrends

弊社ソリューション事業部では主にCodeIgniter3やSymfony、Slim4などのフレームワークを用いてPHP開発を行ってきましたが、この機会に「Laravel」についても一度触れておきたいと思います。
今回は準備編として、インストールと各種機能の確認をしていきます。

筆者の環境

  • WSL2
  • Ubuntu-20.04
  • DockerDesctop-4.3.2

まずはインストール

公式ドキュメントに則ってインストールしていきます。

問題なくインストールできました!

Sailコマンドって何?

インストール時にも使っている Sail コマンドとは何なのでしょうか。 ドキュメントには下記の記載があります。

Laravel Sailは、LaravelのデフォルトのDocker開発環境を操作するための軽量コマンドラインインターフェイスです。 Sailは、Dockerの経験がなくても、PHP、MySQL、Redisを使用してLaravelアプリケーションを構築するための優れた出発点を提供します。 Laravel 8.x インストール

とても便利そうなので、細かく見ていきます。

Bashエイリアスの設定

sailコマンドを使うたびに ./vendor/bin/sail を打つのは煩わしいのでエイリアスを設定します。

 sail コマンドで ./vendor/bin/sail が使えるようになりましたが、このままではwslが再起動するたびにエイリアスが消えてしまいます。
wsl起動時に自動的にエイリアスを貼ってくれるよう、 ~/.bashrc にコマンドを追加しておくとなお良いかと思います。

Dockerコンテナの起動と停止

 up コマンドで docker-compose.yml に定義されたコンテナを起動できます。 また、 -d オプションでバックグラウンド起動することも可能です。

コンテナの停止は ctrl+c です。
バックグラウンドで起動している場合は、 stop コマンドで停止します。

DBへのアクセス

本記事と同様にデフォルトセットでインストールした場合、mysqlのコンテナがインストールされています。
各種設定は .env ファイルに記載があります。
初期設定のホストはlocalhostで、ポートは 3306 です。

テストの実行

 test コマンドでテストを実行することも可能です。

メールのプレビュー

本記事と同様にデフォルトセットでインストールした場合、mailhogのコンテナがインストールされています。
初期設定のホストは mailhog で、ポートは 1025 です。
キャッチしたメールの確認は下記のURLから行えます。

サイトの共有

 share コマンドでサイトをGlobalに共有することが可能です。 docker環境で開発する上でプライベートネットワーク外へのサイト共有がコマンド1つで行えるように実装されているのはとてもありがたいですね!

さいごに

今回見てきた以外にも、いろいろな機能があります。

次回は実際に簡単なアプリケーションを作っていこうと思います。

The following two tabs change content below.

ばね

ソリューション事業部 システムエンジニア
東京で2年半エンジニアとしての経験を積み、浜松にUターンの後、アーティスへ入社。 ソリューション事業部のWebエンジニアとして、システムの設計・開発・保守・運用からインフラまで幅広く従事している。 フルスタックエンジニア目指して現在も勉強の日々。車が好き。
この記事のカテゴリ

FOLLOW US

最新の情報をお届けします