グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

お役立ち情報Blog



病院採⽤サイトにはどんなコンテンツが必要?20サイト調査してみた<病院 総合採⽤サイト編>

病院の採用サイトを作るならば、募集要項の他に働くメリットや環境等、求職者が働く姿をイメージできる内容が好まれます。
今回は、実際に採用サイトを運営している病院を20サイトピックアップし、どんなコンテンツを作成しているのか調査してみました。

調査対象サイト一覧

今回は、検索エンジンで見つけた採用サイトが充実している下記20サイトを対象に調査を行いました。

コンテンツ人気ランキング

1位・・・先輩の声・先輩インタビュー
2位・・・福利厚生
3位・・・仕事紹介
4位・・・病院紹介、教育キャリアアップ
6位・・・データで見る、挨拶・メッセージ
8位・・・院内アンケート、ブログ・SNS、よくある質問・Q&A

先輩の声・先輩インタビュー

調査の結果、先輩方の体験談や、やりがい、この病院を選んだ理由、実際に入ってみた感想、今後の目標、スタッフ間のコミュニケーションについて述べられているケースが多いです。
実際に働いている先輩方の姿を掲載することで、求職者に一緒に働く仲間のイメージを持たせることが出来ます。また、「こんな先輩の元で働きたい」「将来こんな先輩のようになりたい」など、目標にもなりますため、インタビュー内容によっては求職者の志望度を上げることが可能です。

医療法人 並木会 総合採用サイト

特定医療法人社団 研精会 採用サイト

福利厚生、教育キャリアアップ

「福利厚生」や「教育キャリアアップ」は、求職者が安心して働ける環境であることをアピールすることができるコンテンツです。
「福利厚生」は、職種によって異なる可能性があるかと思いますが、どの職種も共通で使用できる内容があれば、まとめて掲載すると良いでしょう。
また、「教育キャリアアップ」では、教育理念、教育制度、キャリアアッププラン、支援制度を明確に示すことが重要です。求職者へ「どれだけスタッフを大切にしているのか」「スタッフはどんなサポートがされているのか」を伝えることが出来ます。それにより、目標・やる気にもつながり、目の前の進むべき道が明確化され、求職者を安心させることが出来ます。

医療法人社団 育生会 京都久野病院 総合採用サイト

医療法人 清仁会 シミズ病院グループ 採用サイト

仕事紹介

調査の結果では、各職種の使命や目標、仕事の特長や求職者へのメッセージ、1日の流れなどが主に掲載されています。また、「仕事紹介」ページの中に教育制度や先輩の声などを掲載しているサイトもありました。
職種別に紹介されたページがあると、より求職者も働くイメージがわきやすく、より良いサイトとなります。

社会医療法人 宏潤会 総合採用サイト

医療法人 神甲会 隈病院 採用サイト

データで見る●●病院

近年このコンテンツは、病院サイトに関わらず様々な採用サイトで取り入れられています。
数字は嘘がつかないこと、数字と図は端的で分かりやすいこと、さらに簡単に病院の特長が伝えられることから、人気のコンテンツとなっています。
しかし、数字は年々変化すると思いますため、定期的に情報のメンテナンスをする必要があります。

医療法人 並木会 総合採用サイト

医療法人財団 青溪会 採用サイト

特長的なコンテンツ

ここからは、私が個人的に気になった、面白い・参考となったコンテンツをご紹介させていただきます。

院内アンケート

内容は、先述した「データで見る●●病院」に少し似ていますが、数字で見えるデータだけではなく、魅力や入社の決め手・福利厚生へのコメント等をランキング形式や直撃現場レポートという見せ方をしている病院もあります。
よりリアルな声がわかりやすくまとまっており、私自身も今後参考にしたい内容となりました。

医療法人 社団誠仁会 夫婦石病院 採用サイト

医療法人 慈公会 公平病院 採用サイト

地域の特長が見えるコンテンツ

今回の調査の中のサイトで1つだけ、トップページのみの掲載でしたが地域制がよくわかるコンテンツがありました。
県外からの求職者も積極的に受け入れる場合は、こういったコンテンツがあればプライベートな部分や生活環境もイメージすることができ、楽しみにもつながります。
また仕事の面でも、地域の方々と関わる地域貢献活動なども加えると、より地方病院らしさを伝えることが出来ます。

沼津市立病院 総合採用サイト

バーチャル病院見学・病院ギャラリー

近年では感染症が流行っていることにより、直接病院に行って見学をすることも難しい時期であると思います。
これに対応するべく、大学サイトでも「オンラインオープンキャンパス」を開催する大学が増えています。

病院サイトでも、病院見学の代わりに「バーチャル病院見学」や「病院ギャラリー」という形で、動画や施設内外の写真を多く見せ、求職者にアピールしていくのが必要と考えられます。

医療法人 慈公会 公平病院 採用サイト

医療法人社団 健育会 湘南慶育病院 採用サイト

調査から導き出されたコンテンツのポイント

病院の採用サイトでは、求職者が如何に実際に働いている姿をイメージできるか、がポイントとなってきます。
就職・転職活動は今後の人生に関わってくることから、求職者一人ひとりが真剣かつ慎重に、自分に合った病院を探しているはずです。
そのため、なるべく病院内の中身(人・仕事・環境など)を具体的に見せてあげたり、ちょっとしたプライベートな面も見せたりすることが大切です。それと同時に、病院としての方針や取り組み・教育やキャリアプランを明確化し、求職者の目指す方向や目標をイメージさせ、働く意思をもたせることも重要です。

これらのことがすべて、最終的に求職者の安心・やる気に繋がります。

まとめ

今回は病院の総合採用サイトについて、ご紹介いたしました。個人的に学べることも多く、今後の業務に役立てようと思います。
次回は、「看護部」に絞った採用サイトの調査を行います。

The following two tabs change content below.

蔦川結美

ソリューション事業部 webディレクター
関東の理系大学にてプロダクトデザインを学ぶ。千葉県にて百貨店社員として接客・マネジメント・商品PR、東京都にて人材紹介の営業を経験した後に、地元浜松へUターン転職。アーティス入社後はWebディレクターとして、大学・病院サイトを始め、コーポレートサイトのディレクション・企画業務に携わっている。
この記事のカテゴリ

FOLLOW US

最新の情報をお届けします