ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


Amazon Kindleで自費出版するメリットと出版手続きを解説

この記事をシェアする:

2018年の出版市場規模は「1兆5,400億円(紙の書籍:1兆2921億円、電子書籍:2479億円)」と、まだまだ紙の市場が大きい状況です。ですが2017年と比較して、紙の書籍は5.7%減、電子書籍は11.9%増となっています。電子書籍の内訳は、「コミック:1,965億円、書籍:321億円、雑誌:193億円」と、コミックが圧倒的です。

参考URL:https://www.ajpea.or.jp/information/20190125/index.html(公益社団法人全国出版協会)

電子書籍ストアの内、Kindleのシェアが最も大きく、ほぼすべてのジャンルの書籍を扱っています。
筆者の場合、Kindle専用端末で書籍中心に利用しており、Kindle専用端末の読みやすさ、持ち歩きやすさを考えると、もっと普及するポテンシャルを持っていると思います。

一方、出版する側で考えてみると、紙の出版と比較して、電子出版のハードルの低さは大きなメリットです。
原稿が完成した状態から出版までにかかる費用は、電子書籍の方が安くなります。また短い時間で出版できます。さらに、電子書籍の方が高い印税率を設定できます。

本記事では、Kindle出版について、メリット、及び出版手続きを説明します。原稿ファイル作成時に便利なツールも解説します。

Kindke出版の特徴

紙の出版と比較しながらKindle出版の特徴を解説します。

費用

個人で紙の出版を行う場合、自費出版になることがほとんどです。下記条件の場合、約200万円が基本となります。
ただし、業者や細かな条件の違いで費用が変わりますので、参考程度の価格とお考えください。

  • 初版にかかる全ての費用を著者が負担
  • 原稿の他、写真やイラストなども著者が用意
  • 出版社の持つ流通ルートに乗って全国の書店で注文が可能(特定の書店に借りている棚に書籍が並ぶ)
  • A5判、200ページの本を1,000部

上記に対してKindle出版の場合、自力で原稿ファイルを作成し、登録も自力で行えば費用は発生しません。代行業者に依頼した場合は費用が発生しますが、それでも数万~10万円程度が中心価格となります。

なお、Kindle出版では出版済み書籍のアップデートも随時実施でき、費用もかからない点も大きなメリットです。

印税率

紙での出版の場合、印税率は5~10%程度となります。一方、Kindle出版の印税率(ロイヤリティ)は35%か70%を選択できます。70%の方が魅力的ですが、Kindleストアでの独占販売、値段設定幅(250~1,250円)等の適応条件があります。なお、印税率はいつでも変更可能です。

詳細はこちら:電子書籍のロイヤリティ オプション(KDP)

出版先(国)

紙での出版の場合、販売先(国)は日本のみが基本となります。
Kindle出版の場合、Amazonが使える全世界に向けて出版できます。また、逆に出版先(国)を指定することもできます。

絶版

紙での出版の場合、売れなければ絶版となります。Kindle出版の場合は、売り上げ実績がなくても絶版になることはありません。著者が絶版の手続きを行った場合のみ、絶版となります。

KDP(Kindle Direct publishing)とは

KDPとはKinde出版の手続きを行うサイトです。原稿ファイルを準備済で価格等を決めておけば、数分で手続きが完了します。審査に最大72時間かかりますが、その後、全世界から購入できるようになります。

1)出版方法

KDPのサイト(https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP)にアクセスして、Amazonアカウントでログインします。最初に支払いの受け取り方法などの事前登録を行い、次に出版の手続きを行います。

事前登録

マイアカウントのページで、「著者/出版社情報」、「支払いの受け取り方法」、「税に関する情報」を入力します。

著者/出版社情報:
住所、氏名、電話番号を入力します。

支払いの受け取り方法:
印税を受け取る銀行口座を指定します。

税に関する情報:
源泉徴収税を0.0%に下げる手続きを行います。

出版の手続き

KDPのサイト(https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP)にアクセスして、Amazonアカウントでログインします。下記画面が表示されるので、有料で販売する場合は「電子書籍または有料マンガ」をクリックします。


次に3つのパート(Kindle本の詳細、Kindle本のコンテンツ、Kindle本の価格設定)に分類された項目を順に入力します。

Kindle本の詳細:
本のタイトル、著者、内容紹介、検索キーワード、カテゴリー等を設定します。

Kindle本のコンテンツ:
原稿ファイル、及び表紙ファイルのアップロードを行います。プレビューアー機能もあります。

Kindle本の価格設定:
出版地域、印税と価格等を設定します。

2)ファイル形式

原稿ファイルについて、サポートされているファイル形式は以下の通りです。下記ファイルをアップロードすることにより、KDP側でKindle用のMOBIデータに変換されます。

  • Microsoft Word (DOC/DOCX)
  • HTML (ZIP、HTM、または HTML)
  • MOBI
  • EPUB
  • リッチ テキスト フォーマット (RTF)
  • プレーン テキスト (TXT)
  • Adobe PDF (PDF)

参考URL:https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/help/topic/G200634390(KDP)

3)専用端末

通常、電子書籍はスマホ、タブレット、パソコンを利用して閲覧しますが、いくつかの電子書籍ストアでは、専用端末を用意しており、Kindleもその1つです。Kindleの専用端末ではE-Inkと呼ばれる技術が採用されており、紙の上にインクで書かれたように表示されます。スマホのように「明るい日差しの中では読みにくい」ということはありません。バックライトが付いていますので、暗い場所でも読むことができます。また消費電力が小さく、1度の充電で数週間は使えます。

現在、Kindleでは5つの専用端末が展開されています。

Kindle バックライトがなく、低解像度の廉価版
Kindle Paperwhite(第7世代) バックライト付きの普及モデル
Kindle Paperwhite マンガモデル 32GBバイトの大容量モデル
Kindle Paperwhite(NEW)  第7世代から薄型軽量化。防水機能追加。8GBと32GBを選択可。
Kindle Oasis 最上位機種。ページめくりボタンあり。7インチで明るい画面。防水機能あり。

原稿ファイル作成時に便利なツール(KDP提供)

KDPが下記のツールを提供しています。

参考URL):https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/help/topic/G200735480

Kindle Create

Microsoft Word、Apple Pages、Google Docsなどdoc(x) 形式の保存か可能なアプリケーションに対応しており、kindle向けのファイル形式に変換するツールです。章タイトルが自動的に検出され、スタイルが自動的に設定されるので、目次を簡単に作成できます。

Kindle Previewer

電子書籍が端末毎、画面サイズ毎でどのように表示されるかを確認できるツールです。

Kindle Kids’ Book Creator

絵本や児童書の作成に便利なツールで、PDF、JPG、TIFF、PNG、PPM 形式のファイルをインポートできます。プレビュー機能もあります。

Kindle Comic Creator

写真集やコミックの作成に役立つツールです。PDF、JPG、TIFF、PNG、PPM 形式のファイルをインポートできます。

原稿ファイル作成時に便利なツール(その他)

KDPが提供するツール以外にも、よく利用されるサービスがあります。

でんでんコンバーター

テキスト等をEPUB形式に変換して出力するウェブサービス(https://conv.denshochan.com/)です。アップロードするテキストは、Markdown (マークダウン)という簡易マークアップ言語を拡張した記法で書きます。

ロマンサー

doc(x)形式のファイルをEPUB形式に変換して出力するウェブサービス(https://romancer.voyager.co.jp/)です。表紙、目次を自動作成できます。縦書きや文字のルビ(ふりがな)も対応しています。

Canova

電子書籍向けの表紙を作成できるウェブサービス(https://www.canva.com/)です。簡単にプロっぽいデザインで表紙を作成できます。

さいごに

有名作家でない個人の場合、紙の出版(自費出版)よりKindle出版の方が費用面でメリットがあります。また高い印税率が適用できます。写真集を出版する場合、日本以外でも購入してくれる可能性があるので、より大きなメリットと言えます。

しかしながら、実際に自力で原稿ファイルを作成してみると、意図通りに表示されない場面に遭遇することがあります。またツールやサービスの使い方を把握する必要があります。よって、初めてkindle出版を行う場合は、作業面で手間がかかるのも事実です。コンテンツ(文章、写真、絵など)の作成に集中したい場合は、代行業者に依頼するのもよいでしょう。もちろん、相応の依頼料が発生しますが、紙の出版より安いです。

安い費用で出版できて、絶版されることとのないkindle出版にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
アーティス

アーティス

創造性を最大限に発揮するとともに、インターネットに代表されるITを活用し、みんなの生活が便利で、豊かで、楽しいものになるようなサービスやコンテンツを考え、創り出し提供しています。
この記事のカテゴリ:

おすすめ関連記事

関連する記事はありません

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!