グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  ホームページをリニューアルされる方へ

ホームページをリニューアルされる方へ


ホームページは年月が経つにつれ、様々な課題や要望が出てきます。
当サービスでは、お客様の抱える課題や要望をヒアリングし、豊富な経験やスキルをもとにお客様の課題解決のためのご提案を行っています。

ホームページリニューアルを検討されているお客様からの「よくあるお悩み」と「解決方法」をご紹介します。

ホームページのデザインが古い(デザインの経年劣化)

洋服や車などと同じように、ホームページも年数が経過すると見た目が古くなってきます。見るからに時代遅れを感じさせてしまうホームページでは、利用者に良いイメージを与えないだけでなく、利用者が比較検討をする場合に、競合相手が選ばれてしまう可能性も高くなります。
売り上げや企業イメージにも直結する課題ですので、2・3年を目安にデザインを見直す必要があります。

時代に合わないデザインにおける「よくあるケース」

1)ホームページの幅が狭い、写真や文字のサイズが全体的に小さい。
デスクトップパソコンで使用するモニタのサイズは、ワイドモニターが主流になっています。かつては画面の縦横比が「4:3」のスクエア型が主流でしたが、今では「16:9」や「16:10」といったワイド型が大半を占めています。
1024×768(スクエア型)の解像度に合わせて作成したホームページを1920×1080(ワイド型)で見ると小さく見えるのは、そのような理由です。

2)Flashが表示されない。
ひと昔前は、トップページの画像をスライドショーのように動かしたり、マウスカーソルを合わせると文字を動かしたりするようなリッチコンテンツを作成するためにFlashという技術が使われていました。しかし今では、ほとんどのブラウザがFlashを無効化しており、閲覧者が許可しない限り表示されないようになっています。

参考:Flash廃止の背景と各ブラウザの対応について(弊社ブログ)

経験豊富なプロフェッショナルが、お客様のホームページをリメイクします!

お電話やメールでのヒアリングや打合せを行い、お客様のニーズや目的に合った成果の出るホームページをご提案します。また、時代に合った魅力的なデザインはもちろん、同時に使いやすさにも配慮されたホームページを作成します。


スマホ対応していないため、見づらくて使いにくい

スマートフォンの爆発的な普及に伴い、スマートフォンからのアクセス比率が増加しています。業種にもよりますが、BtoC向けのホームページでは、PCよりもスマートフォンからのアクセス数が半数以上を占めるようになっています。
このようなデバイスの多様化を踏まえて、スマートフォンユーザにとって「見やすい」、「分かりやすい」サイトへの対応が求められています。

参考:Webサイトのスマホ対応が必要な 3つの理由(弊社ブログ)

Googleも推奨する「レスポンシブWebデザイン」対応

当サービスでは、すべてのホームページに「レスポンシブWebデザイン」を採用しています。
従来のスマホ対応は、デバイス(閲覧端末)毎に各ページのHTMLを複数用意し、PCおよびスマートフォンに最適化したサイトをそれぞれ作成していました。
レスポンシブWebデザインでは、デバイスに応じたページを用意することなく、ユーザーが閲覧するデバイスの画面サイズに応じてページのレイアウト・デザインを最適化して表示させることができます。
検索エンジンGoogleは、モバイル対応したWebサイトを作成する方法として、この「レスポンシブWebデザイン」を推奨しています。


情報が増えすぎてしまい、知りたい情報にたどり着けない

ホームページを運用していくと、年月の経過に伴い、必然とコンテンツも増えていきます。コンテンツが増えていく際によくあるケースとして、ホームページの構成や導線が複雑になり、ユーザーが知りたい情報にたどり着けなくなってしまうケースです。
目的のページにたどり着くまでに時間がかかってしまったり、見つけられずに離脱されてしまうような場合、機会損失を招くだけでなく、ユーザーに悪い印象を与えてしまいます。

ユーザー視点に立った構造設計の最適化

当サービスでは、ユーザーが目的の情報にたどり着きやすいサイト構造にするために、制作の上流工程でリニューアル前のホームページにあるコンテンツをすべて洗い出し、ターゲットユーザーの視点に立った取捨選択やカテゴライズ・階層の構造設計を行います。
また、同時にナビゲーションの最適化を行うことで、ユーザーにとってより使いやすく分かりやすいホームページを実現していきます。


更新ができなくて放置したままになっている

「ホームページを更新できる人が辞めてしまった。」「業者に依頼すると費用と時間がかかる。」などの理由により、ホームページを更新したくてもできないという悩みを抱えている方も多くいらしゃいます。
ホームページは、タイムリーな情報をリアルタイムで配信できるツールです。しかし、更新されていないホームページは、ユーザーの信頼を失いやすくなってしまいます。事業のみならず市場やユーザーニーズの変化に合わせた更新運用が求められます。

専門知識やスキルは一切不要!誰でも簡単更新!

ホームページの更新にはHTMLやCSSといった専門的な知識とスキルが求められます。
しかし、当サービスでは直感的な操作性を追求した自社開発の更新システム「アーティスCMSクラウド」により、実際のページをそのまま編集するような感覚で、誰でも簡単に作成・更新することができます。
更新システムはクラウド提供のため、パソコンにインストールする必要はありません。インターネットが利用できる環境であれば、場所を選ばずにホームページの更新が可能です。
もちろん電話やメールでの操作サポートも充実しているので、安心してご利用いただけます。

「アーティスCMSクラウド」について詳しく知りたい方はこちら



ホームページのリニューアルなら私たちにおまかせください!

ホームページ制作・運用のプロが 制作から運用まで手厚くサポートします!


お客さまの目的やニーズに合ったホームページを作成します!

全国各地のお客さまと経験豊富なホームページコンサルタントが、お電話やメールでヒアリングや打合せを行い、最適なホームページをご提案させていただきます。
ホームページの公開に必要なサーバやドメインの取得もおまかせください!

私たちは作って終わりではありません。 常にお客様をサポートします!

お客さまに成果を実感していただくために、公開後もホームページコンサルタントが電話やメールにて、更新ツールの操作方法をはじめ、集客支援やサイト改善のご提案など、お客さまのニーズに合わせたきめ細やかなサポートで安心のホームページ運用を実現します。

リニューアルに関するよくあるご質問

Q 既に持っている(取得している)ドメインは利用できますか?
A 基本的には利用可能です。既にドメインを取得されている場合は、継続して利用できるようにドメインの移管を行わせていただきます。ただし、ドメインの所有権や契約内容によっては移管できない場合がございますので事前にご相談ください。
Q 現在利用している(契約している)サーバを利用することは可能ですか?
A 要件を満たしていれば利用することも可能です。
FTP接続が可能であることが前提条件となり、実際に弊社で接続を行い、利用可能かの調査を行わせていただく形になります。
Q リニューアルに伴い、各ページのURLは変更されますか?
A 旧サイトと同じドメインを使用する場合には、SEOを考慮して基本的には旧サイトのURLをそのまま引き継ぐ形で対応させていただきます。ただし、構造設計を行う段階で取捨選択や統合が必要な場合は、URLが変わる(無くなる)場合がありますが、必要に応じて転送(301リダイレクト)設定を行います。
Q 旧サイトにある文章や画像は使用できますか?
A 文章や写真、イラストなどの著作権がお客様自身であれば利用することは可能です。制作会社との契約内容によっては、著作権が制作会社側にある場合がありますので、事前に現行業者への確認が必要です。
Q 現行サイトと同等の規模でリニューアルした場合の見積もりだけでも可能ですか?
A もちろん可能です。
お見積りは無料ですので、お電話(053-459-1700)またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。