ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


初心者向けGoogleアナリティクス【第2回:集客分析】

この記事をシェアする:

タイトル画像

初心者向けGoogle Analytics第2回目の今回は、「集客」の項目について解説をしていきます。
「集客」では、ユーザーがサイトにたどり着く経緯を知ることができます。

すべてのトラフィック

ユーザーがサイトにたどり着いた経緯についての全体的なレポートを見ることができます。

WS000000

チャネル

チャネルとは訪問経路の種類を表すもので、ユーザーがどこから来たのかを知ることができます。
以下の6種類のチャネルについて説明します。

Direct URLの直接入力やブックマーク、またはアプリからの訪問
Organic Search Google、Yahoo、Bingなどの検索エンジンサイトから、リスティング広告などを除いた純粋な検索結果からの訪問
Referral リンクが貼られているドメインの異なるサイトからの訪問
Paid Search リスティング広告からの訪問
Social FacebookやTwitterといったソーシャルメディアからの訪問
(Other) 上記のいずれにも該当しない訪問

ツリーマップ

ツリーマップは、「メインの統計情報」「サブの統計情報」を指定することにより、面積と色で集客の状況を確認することができる機能です。

  • 「メインの統計情報」と「サブの統計情報」をプルダウンで選択します。
  • 「メインの統計情報」は量的な指標で、長方形の大きさで表現されます。
  • 「サブの統計情報」は相対的な指標で、色で表現されます。緑色が濃くなるほど良い状態、赤色が濃くなるほど悪い状態という意味になります。
図1

図1

上記の図では、(1)「メインの統計情報」をセッション、(2)「サブの統計情報」を直帰率にしました。
いちばん長方形の面積が大きいOrganic Searchからのセッション数が多く、緑色の濃い(Other)とSocial(図右下)の直帰率が低く良好な状態であることが一目でわかります。

参照元/メディア

「参照元」とは、ユーザーの訪問元となった外部サイトを表します。検索サイトは、「yahoo」「google」などと表示され、検索サイト以外の訪問元はドメイン名で表示されます。
「メディア」は、参照元の種類を分類した名称です。メディアには、Googleアナリティクスが自動的に判別して付与するものと、ユーザーが特定の訪問経路に対して付与するものがあります。

WS000001

Googleアナリティクスが付与するメディアは以下の4種類になります。

organic 自然検索からの訪問
social FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアからの訪問
referral 自然検索とソーシャルメディア以外の参照元サイトからの訪問
(none) URLの直接入力やブックマークからの訪問

「キーワード」は、ユーザーがオーガニック検索からどのようなキーワードでサイトに訪問しているかが分かります。しかし、現在ほとんどの検索サイトがSSL化したことに伴い、ユーザーの検索キーワードが取得できなくなり、多くが (not provided)になっています。キーワードを取得する方法については、「検索エンジン最適化」で触れています。

AdWords

Googleのリスティング広告「AdWords」を有効にするアカウントのリンクを行う必要があります。アカウントのリンクを行うことで、Google AdWordsが集客にどう貢献しているかを見ることができます。
Google AdWords管理画面のデータのインポートやセグメント(条件の絞り込み)を活用した高度な分析が可能です。

WS000002

検索エンジン最適化

Googleがサイト運営者に向けて提供しているSearch Consoleというサービスとデータ共有の設定することで、検索クエリ(ユーザーが検索時に入力するキーワード)毎に表示回数やクリック数、平均掲載順位などを見ることができるようになります。

WS000003

ソーシャル

FacebookやTwitter、Google+などのソーシャルネットワークからの訪問についてのレポートを見ることができます。

参照元
ソーシャルネットワーク
サイトへの流入がある具体的なソーシャルネットワークのサービス名を把握できます。
ランディングページ サイト内のどの記事やコンテンツがソーシャルネットワークからのセッションを獲得しているのかがわかります。

WS000004

キャンペーン

メルマガを使ったキャンペーンや提携サイトでの宣伝など、Adwords以外の広告を分析できます。「キャンペーン」を有効にするには、「キャンペーンタグ」と呼ばれるURLパラメータを新たに作成し、URLリンクに挿入することが必要です。

WS000005

 

まとめ<セグメント機能を使った応用方法>

今回は、Googleアナリティクスの「集客」の項目について解説しました。
コンバージョンを設定している場合は、セグメント機能を使用して、コンバージョンを達成するセッションの流入元を確認することができます。

「+セグメント」をクリックし、(図2-a)「コンバージョンが達成されたセッション」にチェックを入れて(図2-b)「適用」をクリックします。これで「コンバージョンが達成されたセッション」という条件でセグメントしたデータ(図3)が見られるようになります。

図2

図2

図3

図3

集客に関するデータは、コンバージョンを改善していくための重要なデータとなると思いますので、試してみてください。
次回は、「行動」について解説します。

この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!