ビジネスとIT活用に役立つブログBlog


Webサイトが最新の状態にならないときの対処法【スーパーリロード・キャッシュクリア】

この記事をシェアする:
Webサイトのリニューアル公開や更新反映時にお客様から「更新されていない」「デザインが崩れている」といったお問い合わせをいただくことがあります。その場合、ブラウザのキャッシュが原因となっているケースが大半です。

そこで今回は、キャッシュの仕組みと対処方法について解説します。

キャッシュとは?

キャッシュとは、過去に一度アクセスしたWebページのデータを一時的に保存する機能です。

同じURLのWebページにアクセスした際に、毎回サーバにあるデータを読みに行くのではなく、初回訪問時に保存したキャッシュを参照することで、Webページの読み込み(表示)速度を速くするための仕組みです。

キャッシュの仕組み

Webページを更新したけど反映されない場合は、更新前に保存された「キャッシュ」を優先的に表示していることが考えられます。
また、表示(レイアウト)が崩れてしまっているのも、キャッシュされた古いCSSの影響を受けていることが考えられます。

これらに対処する方法として、「スーパーリロード(強制再読み込み)」「キャッシュクリア」を行います。
スーパーリロードを実施し、それでも更新されない場合(キャッシュが強く残っている場合)はキャッシュクリアを実施してみてください。

では、ブラウザ毎の操作手順について説明します。

スーパーリロード(強制再読み込み)

Windows OSの場合

ブラウザ キー操作
Internet Explorer Ctrl+ F5Ctrl+ 更新ボタン
Google Chrome Ctrl+ F5Ctrl+ 更新ボタンShift+ 更新ボタン
Firefox Ctrl+ F5Shift+ 更新ボタンCtrl+ Shift+ R
Safari Ctrl+ RShift+ 更新ボタンCtrl+ Shift+ R

Mac OSの場合

ブラウザ キー操作
Google Chrome command+ R
Firefox command+ Shift+ R
Safari command+ RShift+ 更新ボタン

キャッシュクリア

スーパーリロードを実施しても更新内容がブラウザに反映されない場合は、下記の手順にてブラウザのキャッシュを強制的に削除した後に、再アクセスします。

※ブラウザのバージョンによっては操作方法が異なる場合があります。

Internet Explorerのキャッシュクリア方法

  1. ブラウザ右上にある「歯車アイコン」をクリックし、メニュー内にある「インターネットオプション」をクリック
  2. 「全般」タブ内の「閲覧の履歴」にある「削除」ボタンをクリック
  3. 新しく表示されるウィンドウ内にある「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」にチェックを入れ、「削除」ボタンをクリック
  4. 該当のページを再度読み込み

Google Chromeのキャッシュクリア方法

  1. ブラウザ右上にある「≡」(メニューボタン)をクリックし、メニュー内にある「設定」をクリック
  2. 「設定」ページ下部にある「閲覧の履歴」にある「詳細設定を表示」リンクをクリック
  3. 「プライバシー」の項目にある「閲覧履歴データの消去」ボタンをクリック
  4. 「キャッシュされた画像とファイル」のみにチェックを入れ、「閲覧履歴データを消去する」ボタンをクリック
  5. 該当のページを再度読み込み

Firefoxのキャッシュクリア方法

  1. ブラウザ右上にある「≡」(メニューボタン)をクリックし、メニュー内にある「オプション」をクリック
  2. 「詳細」ページ内の「ネットワーク」タブをクリック
  3. 「キャッシュされたウェブページ」の項目にある「今すぐ消去」ボタンをクリック
  4. 「キャッシュされた画像とファイル」のみにチェックを入れ、「閲覧履歴データを消去する」ボタンをクリック
  5. 該当のページを再度読み込み

さいごに

上記手順でスーパーリロードやキャッシュクリアを行っても更新が反映されない場合は、キャッシュ以外によるトラブルの可能性があります。

Webサイトを更新したけど最新の状態にならない場合や、リニューアルしたけどレイアウトが崩れて表示されてしまう場合は、まずはスーパーリロードやキャッシュクリアを実施してみてください。

この記事のカテゴリ:

SNSで最新の情報を
受け取ることができます!